初めての臨地実習は?

6月11日(水)、12日(木)5回生49名が仙台徳洲会病院において基礎看護学実習Ⅰを行いました。
入学して2ヶ月半、初めての臨地実習です。ユニホームを身にまとうと皆、表情もきりっと引き締まります。
この実習では、病院の機能と各部門で働く人々の役割や病棟の環境について、看護部長、実習指導者、コメディカルの方々から講義を受け、病院内の見学をします。
講義のときには積極的に質問をする場面や、どの部署においても説明を受けながら真剣に見学をしている場面が見られました。写真は講義の時とグループワーク発表の時のものです。

5回生は元気がよく、パワーがみなぎっています。最近は協調性も芽生えてきているところです。今後の学習にもいい効果をもたらすことでしょう。

次は7月のコミュニケーション実習が控えています。

文責 佐藤