平成28年度 徳洲会の活動に関する特別講義

平成28年度「徳洲会の活動に関する特別講義」を行いました。

開校4年目から第2学年の学生を対象とし、この特別講義を企画し今年で4回目になります。

徳洲会グループとして力を入れている活動「離島医療」「災害医療・看護」「へき地医療・看護」について実施してきましたが、今年は「国際医療協力」という視点から徳洲会グループの目指す産科医療

~東アフリカでの産科医療協力と日本における理想のお産追求~

というテーマの下、医療法人徳洲会 副理事長 福島安義先生に特別講義をお願いいたしました。

“徳洲会グループの目指す医療”から始まり“アフリカの産科事情”“人間の理想のお産はどのようなものか”など、福島先生の思いを伝えていただきました。

最後に、医療従事者として、看護者として大事なことは<コミュニケーションをとる>ことを強調され終了しました。

助産師希望の学生や海外での活動を考えている学生にとっては、自身の進路を考える良い機会となったと思います。また、ここでも人と人の関わりの基本である“コミュニケーション”の重要性を改めて考えることができたのではないかと思いました。


仙台徳洲看護専門学校大講義室にて