医療法人徳洲会 仙台徳洲看護専門学校 平成27年度4回生卒業式

3月4日(金)平成27年度卒業式が挙行されました。4回生47名が巣立っていきました。
期待と不安を抱き入学して早や3年、仲間とともにときには悩み、笑い、励ましながら勉学に励んできましたね。実習では患者さんの感謝の言葉に支えられながら多くの学びを得ることができたようです。
教室にはいつも笑顔があり、仲間と過ごす時間を楽しんでいましたね。4回生は集結するとそれぞれの個性が光りすばらしい力を発揮してきました。
卒業式の最後では卒業生が答辞として仲間や家族や先生への感謝の言葉とともに、新たな道へ挑む意気込みを力強く述べてくれました。

様々な困難を乗り越えて看護の道を進んできたことに誇りをもって、大きく羽ばたけ!未来へ!

卒業証書授与

校長より式辞

医療法人徳洲会
仙台徳洲会病院院長
佐野憲様からの祝辞

一般社団法人徳洲会
看護部部長
佐々木和子様からの祝辞

卒業生からの答辞

集合写真

平成27年度4回生卒業記念講演

平成27年度4回生卒業記念講演

3月1日(金)卒業記念講演が行われました。
今回は講師として福島県南相馬市立総合病院医療安全管理部感染対策室専従看護師の高田明美氏を講師としてお迎えしました。
テーマは「東日本大震災の教訓から未来のジェネラリストを目ざして」で、南相馬市の災害時の実態や看護師の対応、災害時における看護理論の活用について、看護師としてジェネラリストを目ざすことについてなど貴重なお話をいただきました。
3年生はもちろん、在校生からも活発な質疑応答、意見が交わされ、それぞれが講演をきいて自己研鑽していくことの大切さを感じ取ったようです。
いよいよ看護師として働く3年生のみなさん、将来のジェネラリストを目ざし大きく成長して下さい。

福島県南相馬市立総合病院
安全管理部感染対策室
専従看護師 高田明美氏

震災時の写真

学生から質門

卒業記念講演 集合写真

第6回 看学祭

第6回 看学祭が10月23日(土)、24日(日)に開催されました。開校6年目となった今年は、「Color~色づけ茂庭台!~」というテーマでした。 1学年から3学年までの学生146名、クラスの個性と一人ひとりの個性を色にたとえたものです。夏休み前から実行委員を中心に2年生がリーダーシップを発揮し、1年生も一生懸命準備を進めてきました。3年生は最後の看学祭として思い出に残るようにと、忙しい臨地実習の合間をぬって頑張りました。 1日目は前日祭です。学内のみの発表ですが、ゲーム・ダンス・仮装、サークル活動ではファッションショーの発表がありました。


☆2年生はE-girls(イー・ガールズ)と嵐のダンスです

2日目は一般公開。看護体験を始めキッズコーナーや学校体験ツアー、教員と学生による琴演奏、パフォーマンスがありました。前日祭に続いてダンス、音楽、ファッションショーのステージ発表など盛り上がりました。


☆体験コーナーではちびっこナース&ナースマン!!

★血圧測定コーナー


☆「はらぺこキッチン」美人売り子!
2日間、さわやかな秋晴れの中、楽しいひと時を過ごすことができました。一般公開では多くの方々にご来校頂き、ありがとうございました。

徳洲会 東北ブロックソフトボールに参加 激戦の結果4位!

10月12日;体育の日、仙台を会場に東北にある徳洲会グループの病院や老人保健施設等によるソフトボール大会が行われました。
本校も1・2年生の男女混合チームを編成し参加しました。
昨年は3位。「今年は優勝!」を目指し昼休みや放課後に練習し臨みました。
学生の元気な応援の声が響き、守る・打つ・・・と他のチームの脅威となりました。
準決勝戦では相手チーム(仙台徳洲会病院)を本気にさせ、両チームとも気迫がこもった試合でした。
残念ながら4位という結果でしたが、みな力を出し切り、チーム一丸となって戦った充実感を得て帰ってきました。

徳洲会グループ 東北ブロックの病院見学を行いました

2年生が平成27年10月1日に「新庄徳洲会病院」「庄内余目病院」、2日に「山形徳洲会病院」「山北徳洲会病院」の見学を行いました。
各病院の院長・看護部長・事務長・スタッフの方々から病院の特徴や力を入れていることをお話しいただき、グループに分かれて病院内の見学を行いました。

≪学生の声より≫


「新庄徳洲会病院」・・・雪が多い地域であるが、地域の方々が安心して医療を受けられるよう、地域に根差した医療・看護の提供をしていることが分かった。


「庄内余目病院」・・・病院の特徴として挙げられていた透析センターのベットの多さにとても驚いた。卒業した先輩と会えてうれしかった。


「山形徳洲会病院」・・・病院に入った時とても広くきれいだった。モンティデオ山形のチームドクターをしていることスポーツリハビリもしていること等興味をもった。卒業生と話をする時間をもてよかった。


「山北徳洲会病院」・・・屋上に上がり見た日本海は素晴らしかった。また、温泉があり、職員の厚生施設にも驚いた。へき地での医療を考える機会になった。

平成27年度 オープンキャンパス終了

7月に2日間、8月15日から4日間のオープンキャンパスを行いました。
看護の道への進学を考えている多くの方の来校と子供が進む道・考えている学校の情報を知りたいという保護者の方々にもたくさんお出で頂きました。
今年は保護者の方々を対象とする時間も取り疑問・不安などをお話しいただき、看護教育や本校のことについて知っていただくことができたと思っております。

今回オープンキャンパスに来ることができなかった人は、10月25日(日)の「看学祭」にぜひおいで下さい。
学生・職員ともどもお待ちしております。


「本校学生と一緒にベットメーキングを体験」


「手洗いをして汚れの取れ具合をチェック」


「聴診器で自分の血圧の音を聴取」

平成27年度 オープンキャンパス

7月26日(日)から今年度のオープンキャンパスを開催致しました。
今年は7月26日(日)・27日(月)が終了しましたが、連日猛暑の中、多くの方にお越し頂きました。1. 学校概要 2. 在校生とのフリートーク 3. 看護体験 4. 学内見学 5. 質疑応答の内容で行われなした。今年も在校生とのフリートークは好評で、和やかな雰囲気で談笑していました。看護体験は①シーツ交換 ②衛生的手洗い ③血圧測定 ④新生児の抱き方を体験していました。まだ、8月15日(土)、16日(日)、17日(月)、18日(火)にも開催致しますのでご予約の上、来校をお待ちしております。

平成27年度スポーツ大会が行われました。

1年生から3年生までの学年対抗戦で、バレーボール・障害物リレー・ドッヂボールの3種目を行いました。
どの学年も優勝目指して白熱した試合が繰り広げられました。
学生同士協力しあいながら、声を掛け合いながら行われた試合は、1年生が総合優勝という結果となりました。
体育館の中が熱気もあってどんどん気温があがりましたが、みんなが思い切り楽しむことができた1日でした。

1年生初めての臨地実習

入学して2カ月、基礎看護学実習Ⅰを行いました。
「入院患者さんの療養生活を支える病院の各部署を知る」目的で6月17・18日に病院見学を行い、7月6日~7月10日に「入院患者さんの生活や患者さんの気持ちを知る」ことを目的にコミュニケーション実習を行ってきました。
仙台徳洲会病院での病院見学では緊張して実習を迎えた学生もいましたが、看護部長や各担当者の説明を熱心に聞き病院の機能や療養生活の環境、そしてチーム医療における連携の大切さを学んできました。
仙台徳洲会病院、仙台市立病院、仙塩利府病院でのコミュニケーション実習では、「緊張して頭の中が真っ白になったが後半は楽しくお話しができた」「次の実習が楽しみだ」という声が聞かれました。
各実習病院の指導者の方々のご指導や、多くの患者さんの協力をいただき有意義な実習を行うことができました。
写真は病院見学時の学生の様子です。

新年度始まり約2カ月が経過しました。

新年度始まり約2カ月が経過しました。
3年生は臨地実習のオリエンテーションを終え5月11日から臨地実習が始まりました。
12月までの8ヶ月間、患者さんとの関わりから多くの学びを得ていきます。
臨地実習での学習は学生の宝物になります。


仙台市立病院での小児科実習に出かける前、控室で事前確認を行っています。


訪問看護ステーションでの実習です。
これからスタッフに同行し行ってきま――す。
2年生は学校生活にも慣れ、かわいい後輩もでき、精神的にちょっと余裕かな・・・?
地域文化(ボランティア)の授業で地場産業に関する理解を含める一環として、地元の材料を使ってみんなで調理しました。


先生の指導のもとワカメそばが茹で上がりました。
盛り付けも平等にしていかなくては・・・。


てんぷら鍋を囲んで美味しくあげるには「アーーダ、コ―ダ」と、みんな口は元気です。
1年生はやっと2カ月が過ぎクラスメートとも交流が始まっています。
講義ではみんな必死で聞いておりとても真面目な印象です。


体育の授業では声をかけ合いチームワークを強めています。
7月のスポーツ大会までのまとまりは如何に!