休業要請解除に伴う授業再開のお知らせ

保護者各位
休業要請解除に伴う授業再開のお知らせ

今年度は新型コロナウイルス感染防止のため4月17日~5月6日までを臨時休業とし、さらに延長のお知らせをいたしました。
去る5月5日に宮城県の発表より、本校(専修学校)も休業要請解除対象となりましたことを受け、
5月11日(月)より、授業の再開を決定いたしました。
休業要請解除にあたり感染防止対策の徹底の強い要請があり、これらを講じての授業再開となるため、まだまだ通常の時間割とはいかない状況です。
今までおこなってきました感染防止対策の強化、三学年の授業組み合わせによる集中の軽減と登下校時間のできる限りの重複防止、遠隔授業の計画などの実施に向け対策を講じていくことになります。
開始にあたっての詳細については学生へ「休業要請解除に伴う授業再開のお知らせ」を送っていますのでそちらをご覧ください。

感染防止にあたってはまだまだ気を緩めることができません。
今後とも保護者の皆様にはご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

令和2年5月8日(金)

臨時休業のお知らせ

保護者様  各位
新コロナウイルス感染拡大も深刻な状況となり、宮城県においても仙台市を中心にそ
の感染者数の増加が見られています。
本校におきましても、授業の継続について日々検討してまいりましたが、学生の安全確
保を優先に検討し、4月17日(金)~5月6日(水)までを臨時休業といたしました。
本日16日に学生には休業中の過ごし方の注意や休業中の学習課題などについて説明い
たしました。
後日、保護者の皆様には改めて書面にてご報告いたしますが、先ずは臨時休業のお知ら
せをさせていただきます。

本校の新コロナウイルス感染防止対策のお知らせ

保護者の皆様へ 本校の新コロナウイルス感染防止対策のお知らせ

例年にない早い桜の開花があり、若草もえる季節となりましたが、保護者の皆様におかれましては現在の新コロナウイルス感染の状況など、お子様の通学に関しての心配や不安もおありかと思います。
本日4月6日より令和2年度が始業となり明日7日は入学式となっております。
新コロナウイルスの感染が深刻な状況となり、感染予防対策として学校においては専門家会議の提言・文科省からのガイドラインや通知等をもとにも以下のような対策を講じて始業しましたことをお知らせいたします。

1.3つの条件(密閉・密集・密接)の重複を避ける授業環境の確保
〇本来の講義室を変更

・1年生は講堂
・2年生は栄養実習室
・3年生は学生ラウンジ

2.始業前の学生把握・学校内の準備
〇春季休業中の学生の活動把握(渡航歴の有無の把握など)
〇春季休業中の健康チェックやマスク着用・準備について連絡
〇手洗い場所の明示とペーパータオル・石鹸類の準備
〇保護者様責任の下、希望者には「自動車・バイク通学特別許可」を出した。
ただし、許可期間は4月6日~5月1日
〇入学式は入学生と教職員のみで実施

3.始業日以降の日々の指導
〇登校時、学校玄関での体温測定と健康チェックの実施
(始業日以降は学生自身が実施した結果をチェック表にて報告、教員は内容を確認)
〇感染予防の3つの原則について再確認
〇春季休業中の学生の活動把握(渡航歴、旅行などの把握)
〇手洗いの徹底指導
〇咳エチケットの徹底指導
〇近距離での会話は極力避ける、更にマスク着用の徹底指導
〇講義終了ごとの講義室の換気の徹底
〇食事時の席の工夫や飲み物などの共有の禁止
〇非常勤講師来校時の健康チェック

4.以上1と2については5月1日までを目安とする(状況により変更の可能あり)

令和2年4月7日

自動車・バイク通学【特別】許可についてのお知らせ

保護者様 各位

自動車・バイク通学【特別】許可について

春暖の候、みなさまにおかれましては、一層ご清祥のこととお慶び申し上げます。
新型コロナウィルスによる感染が拡大し深刻な状況となっており、普段の生活においてさえも予断を許さない状況となっております。
新学期は4/6から開始しますが、保護者様よりバス通学による感染を懸念するというご意見があり、校内で緊急検討いたしました。危急事態と判断し、保護者様責任の下に希望する在校生の自動車・バイク通学を許可することにいたしました。学校駐車場は台数に制限がありますが、駐車スペース以外の場所を利用することで駐車スペースを確保しご提供いたします。

昨日(3/31)、本校2年生および3年生の保護者様宛に【自動車・バイク通学特別許可申請書・同意書】をお送りいたしましたので、必要事項をご記入の上、4/3までにFAX(または郵送)でお知らせください。また、4/3までに車・バイク通学希望することを電話、LINE、メールにてお伝えいただければご対応いたします。連絡をいただいた学生には、始業日(4/6)の車・バイクでの登校を許可しますので、始業当日に許可申請書を必ず持参させてください。また、本年度入学者の中で希望する学生は、入学式当日に事務室まで申し出て下さい。

1.許可申請対象者
①在校生全員(学校からの自宅までの距離等は関係ありません)

2.許可申請書に記入する内容
①学年・学籍番号・住所・氏名
②車種、車両ナンバー
③運転免許証(種類・番号等)
④保護者同意のご署名、ご捺印
運転者本人(学生)が任意保険に加入していない場合は許可致しません

3.車・バイク通学特別許可の期限
①令和2年4月6日~令和2年5月1日まで

4.その他
①通学希望者が多い場合は、校舎裏やグランド周囲の遊歩道への縦列駐車となります。
②令和2年度の正規の通学許可申請は、通常通り申請が必要です。忘れずに申請してください。

※ 今回の車・バイク通学特別許可は、感染対策の一環として特別に行うものです。事故等の危険もございますので、保護者様の責任でご判断し許可申請書に署名してください。
以上

令和2年度第11回入学式 開催についてのお知らせ

令和2年度 第11回入学式「縮小開催」について

本校では、令和2年度の入学式を令和2年4月7日(火)に開催する予定ですが、新型コロナウィルスの感染が世界中で拡大しており、日本国内でも感染の危機が各地へ広がっている状況にあります。

新型コロナウィルス感染症対策専門家会議は、3月19日に国内の感染状況について、大規模流行につながりかねない状況にあるため感染拡大防止の努力が引き続き必要であり、大規模イベント等については主催者に慎重な対応を求めました。これを受けて政府は、感染拡大の防止のため、換気・多くの人の密集・近距離での発声が同時に重ならないよう提言しております。また、文部科学大臣は3月24日に「新型コロナウィルス感染症に対応した学校再開に向けてのガイドライン」を公表いたしました。
これらを踏まえて本校では、挙行予定の入学式を万全な感染対策を実施したうえで縮小開催することにいたしました。

参加者:「令和2年度 入学生」および「本校教職員」

苦渋の決断となりましたが、ご来賓のみなさま、保護者様へ入学式のご案内を控えさせていただくことになりました。学生の安全のためと何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

以上

保護者会の開催について

 

令和元年度 保護者会の実施について変更となりましたのでお知らせいたします。卒業式同様、保護者会につきましても新型コロナウィルス感染防止対策のために全体会の開催を中止することにいたしました。全体会で使用する予定の資料は、学生経由で保護者のみなさまへお届けする予定です。また、個人面談につきましては予定通り実施いたしますが、マスク着用や手指消毒など来校時のお願いがございます。詳細につきましては、3月2日在校生のみなさんへ【令和元年度保護者会についてのお知らせ】をお渡ししておりますのでご確認ください。保護者のみなさまには、大変急なご報告となりご迷惑をおかけいたしますが、重ねてご理解とご協力をお願いいたします。

 

 

令和元年度 卒業式開催についてのお知らせ

令和元年度 第8回生卒業式の開催について

連日報道機関等で報じられておりますように、新型コロナウィルスによる感染が非常に深刻な状況となっております。2月26日内閣官房からの文化イベント等の開催については2週間の自粛を、そして翌2月27日には首相官邸からの感染防止対策に向けての協力要請がございました。本校では、感染防止のため【令和元年度 卒業式(第8回生)】を縮小して開催することに決定いたしましたのでお知らせいたします。

【卒業式出席者:卒業生と教職員のみ】

卒業式は、予定通り令和2年3月5日13:30~開始となりますが、保護者のみなさまにとって、卒業式にご出席できないことは受入れ難いお気持ちとお察しいたします。感染経路の特定や感染時の初期症状による判別も難しく予期せぬ事態の発生も憂慮されておりますので、保護者のみなさま、そしてご列席予定のご来賓のみなさま、学生の安全のためと何卒ご理解くださいますようお願いいたします。

 

仙台国際空港 航空機事故対処総合訓練に参加

仙台国際空港 航空機事故対処総合訓練が10月10日に実施され、 本校2年生が参加しました。

災害時に行われるトリアージのための負傷者役として参加しましたが、患者役をすることで災害看護の学習に繋げることを目的に参加しています。

仙台国際空港航空機事故対処総合訓練では、飛行機事故における患者役を正確に演じるために、DMATの先生より事前講義を受け、個々が設定された自分の負傷状況を把握したうえで、負傷者になりきっての演技をいたしました。
学生50名ほどが、軽症者から重傷者までのそれぞれの症状(病状)で、痛みの度合いや呼吸数、麻痺の状況などを問診に沿って訴えることで、医師や看護師、医療スタッフがトリアージや応急処置を実施し、重症患者を救急車やヘリコプターで搬送する訓練でした。
仙台国際空港敷地内で行われた航空機事故という大掛かりな訓練は、学生にとって驚きと緊張感中での訓練となり、とても貴重な体験となりました。消防や救急隊、DMATをはじめとする医療チーム、自衛隊、警察、医師会、そして多くのマスコミ関係者が参加した訓練でしたが、学生たちは最後までしっかりと患者役を演じていました。

 

出発前に正面玄関で~ 仙台国際空港 到着 最終的に患者役の演技指導~ 一人一人病状バイタル等最終チェック! 本番前の昼食タイム 仙台空港【ゲート0(ゼロ)】あり! 飛行機着陸失敗!炎上!!! 消防隊出動!

化学消防隊も  軽症者の避難開始 負傷者救出開始!   トリアージ開始 タグは何色!? 対策本部 頼もしい! トリアージ後はテント内で処置 PRESSの方々 やけどの負傷者も!   搬送にヘリ4台 力強い!      

ホッとする役者たちでした!

仙台国際空港のみなさま、そして訓練に参加された皆様、ありがとうございました!!